分岐の可能性

f:id:york_date:20170124120107j:plain

本を読んでいて気持ちが高揚する時があります。どんな時にそうなるのかを、ふと考えてみました(暇なのでしょうか。いいえ、そうではありません)。

一つ共通していそうだと思ったのは「分岐の可能性」を感じる時です。ここにおける分岐とは、本の中で目にした知識の中に別の知識へのパスが埋め込まれていることを指しています。

分岐の可能性が高い本は、読めば読むほど分からないことが増えていきます。見知らぬ生態系への入口が幾つも見つかって、読む前よりむしろ混迷が深まり、それが心地よいのだろうと思ったのでした。

広告を非表示にする